当院は有楽町駅前、東京交通会館3階にある耳鼻咽喉科診療所です。
花粉症などのアレルギー性鼻炎めまい耳鳴難聴でお悩みの方はぜひご相談ください。
 また風邪によるのどの痛み鼻水鼻詰まりでお困りの方もおいでください。
 そのほか補聴器の相談ピアスなども承っております。

携帯サイト(http://www.nishihata-ent.or.jp/i/)でも
診療時間、待ち時間などがご 覧いただけます。


最終更新日:2022年1月25日
西端耳鼻咽喉科携帯サイト
千代田区ドクターズ西端院長インタビュー

スギ花粉症のシーズン

いよいよスギ花粉症のシーズンが近づいて来ました。 1月19日に今年のスギ花粉予測が東京都から発表されました。
それによると今年の都内飛散予測花粉数は1平方cmあたり千代田区(4,300〜5,800個 昨年=6,629個 過去10年平均=4,783個)、区部平均(4,100〜5,600個 昨年=3,599個 過去10年平均=4,930個)、多摩地区平均(5,100〜7,000個 昨年=3,860個 過去10年平均=5,380個)となっています。 区部(5地点)では昨春の1.4倍、例年の1.0倍程度、多摩地域(7地点)では昨春の1.6倍、例年の1.1倍程度となる見込みとの予測になっています。花粉数としては去年より多めですしコロナ禍でもあるので、症状を悪化させないために早めの対策を心掛けて下さい。 また飛散開始日は2月12日から16日ごろとなり、例年(過去10年平均)よりやや早くなる見込みとの発表でした。
ところで花粉の飛散開始日とは”1平方cmあたり1個以上の花粉が2日以上連続して観測された最初の日”と定義されています。 これは1平方mに換算すると一万個の花粉が落下したことになり、かなりの花粉が飛散しないと飛散開始とはならないのです。 例年東京では1月初旬から少量のスギ花粉が観測されています。花粉症の予防には花粉を浴びないことが最も効果的です。花粉飛散開始日前であっても暖かく風の強い日にはマスクをするなど早めの予防を心がけましょう。 詳しい情報は東京都の花粉情報のページhttps://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/allergy/pollen/index.htmlで見ることができますのでぜひ御活用ください。